自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきた

ローンの返済が残っている状態であろうと、

ローンの返済が残っている状態であろうと、売ろうと思えば車を売れないこともありません。

売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人であることが条件です。


そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、すべての債務の返済が済むまでのあいだは所有者名を変更することはできません。要するに、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。ただ、ローン会社の許可さえあれば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。
買い取りする車を査定する時に、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。
基本的に走行距離がアップすればするほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は多走行車と言われていて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。



走行距離数が10万キロメートル以上の車は「過走行車」と呼ばれて、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

結婚する予定になり、車を売ろう!と考えました。夫となる人は、普段から車を使わないので、2台持ちする必要があまりありません。
ローンを組んで買った車でしたが、すでに完済していて、売って手に入れた金額は、へそくりとして、大事に保管しておきたいと思います。
知っておいて損はないでしょうが、中古車査定の市場においては、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では車を見積もるときの姿勢に違いがあるということです。

大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、中古車を積極的に買い取るのです。
他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。大企業に対して小中規模の業者は、一件一件オークション方式で販売することが多いため、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば見積もりがアップする可能性が大きいのです。結婚を機会に、今まで乗っていた軽自動車を売って、大型の車に買い換えました。


どうせ軽自動車なんて売っても、ろくにお金にならないだろうなと思っていたのですが、査定に出したら仰天しました。思っていたより随分と返ってきた見積金額が高かったのです。


買取業者によれば、軽自動車は結構人気があるそうで、良い値段で買い取ってくれるのだそうです。たいていの場合、中古車買取専門店においては、見積もりを完了するために要する時間というのは単純に待っているだけの時間を除外するとおおよそ15分弱でしょうか。さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階でのオークション等の平均額を基にして前もってベースの査定額が決まっていて、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、走行距離などに応じた減額、加算をしたら最終的な査定金額を導き出すことが可能だからです。



手放す車の状況によっては、お金にならないこともあります。
具合的な話ですと、発売から時間が経っているもの(10年以上)、また10万キロを超えているもの、改造車、劣化の激しい車、故障車、事故車などは査定額が0円になる可能性が高いです。


しかし、業者によってはこうした車を専門に取り扱ってくれる業者があります。


傷みが激しい車については専門の業者に連絡するのが一番良いのではないかと思います。



訪問査定が済むと、どの業者も「今、契約を」と言うものです。売主が魅力を感じる条件、つまり金額アップをちらつかせて即時契約を求める熱心な営業が展開されますが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。


中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが一番の高値を引き出すためのお約束です。



心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、各社の金額を見比べた上で交渉しても遅くはありません。査定のプロである担当者には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。
じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、ウソをついてしまったという事実があると信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。
結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が存分に考えられるので、話しにくいことでも正直に隠さずに伝えた方が良いということがお分かりでしょうか。持っている車の売り方について自分の思いをあげてみました。車内清掃してみたり洗車をして見栄えをよくしておくことが一番です。走ったキロ数が多いと下取りの見積もり金額が低くなってしまうので、下取ってほしいと思ったら近いうちに売却することを念頭に置いた方がいいと思います。

About the author