車の下取りで注意しなければいけない事は、自動車税の還付

車を手放す際の方法としては、ディーラー下取りというものがあり

車を手放す際の方法としては、ディーラー下取りというものがあります。


でも残念ながらディーラーの下取りは、中古車査定の業者に頼むよりも安価になってしまう場合が多いです。


また、オークションを通じて売ってみるという方法も考えられますが、手数料などが、損になる可能性も低くないというデメリットもあるのです。車をできるだけいい方向で処分するためには、買取を行っている業者に売ることが適当です。

多様な業者が車の買取をしているので、あらかじめ大体の相場を見極めて、業者との交渉を進行していくことが重要です。業者しだいで買取額に差があるので、一社のみに査定を依頼するとお金を無駄にするでしょう。

所有者の違う車を売却する場合、手続きや必要書類はどうするのでしょうか。



通常、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類が必要になります。

そのほかにも名義人の同意書、委任状や譲渡証明書などの書類も準備しておく必要が出てきます。自分の車を売売却するときに比べれば、少し面倒になります。車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車種や色、車の状態にもよりますが、車査定の方が高い価格で買い取ってくれる可能性があります。

私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。新車の値引きを含んだものが提示されることが大半のようです。そのため、人によっては交渉が難しくなるでしょうし、車の評価額が、曖昧なままになってしまいます。これまで述べたように、ディーラー下取りよりも車査定を選んだ方がお得な選択だと言えるでしょう。



普通の自家用車を処分する場合、選べる方法はカーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。


手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい相互に競争するように仕向け、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。



ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、どことも競う必要がないため、高額な金額はつきにくいです。ただ、一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。



その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。軽自動車税が税率がアップしてしまった昨今、中古車の支持層も多いです。余談ですが中古車の価格交渉は可能なの?なんて思う人も中にはいるかもしれませんが相場についての情報を集めておくと安くしてくれる場合があります。

車について詳しい人に同伴して確認してもらうと値引きしてもらえる場合がありますよ。「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。これは、一定の条件が整えば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。ある条件とは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。
売却するときはお金は戻って来ません。さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。

保険会社に対し自らが書類の手続きをして還付されるものなのです。



車を売りたいと思うなら、なるべく高価格で買い取りを望むのが普通ですよね。そのために、いくらになるか数社の査定を相場表を作成して比べましょう。
車の買い取り価格は、査定する業者次第で結構、違ってきます。相場表をつくる時は、車買取をまとめて査定してくれるサイトの活用が便利です。車を買い取ってもらうときは緊張するものですが、意外に手軽なんです。


査定が済んで金額の折り合いがついたら、あとはほとんどお任せで、きちんとした会社の営業マンならこちらが書類を渡すだけで面倒な名義変更などの手続きも業者側で行ってくれます。
売主が用意するのは、実印と印鑑登録証明書、車検証、自賠責保険証と最新の納税証明書などです。

住所変更は住民票や戸籍の附表が必要です。それと、車のキーでスペアがあれば、これも業者に渡しましょう。最後に代金が支払われますので、振込口座(番号だけでOK)も必要です。
Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構多いです。



名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、名義人の方の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、代理人の方でも売却できます。
ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車は勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。ローンを返済し終えて名義を変更する必要があります。

About the author