一括査定サイトの利用をする時には、提携業者を確認しておき

家族が増えたのでもっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い替えま

家族が増えたのでもっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い替えました。
それは良いのですが、古い車は下取りしてもらうことになったのですが、いま思うと下取りも買い替えも初めてでしたから、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で即決してしまったのです。帰りにファミレスで明細書を見たとき、下取りが安すぎるので悶々としてしまいました。

先週の週末にでも中古業者の買取査定を受けていたら、もっと違ったのかもしれないといまさらながらに後悔したものでした。

あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、中古車査定店ではなくて個人に売るというのもひとつの方法です。
売却側と購入側に中間業者が介入しない分だけ、両者が得なように売ったり買ったりできるのです。でも、契約に関する手続きなどは全部個人間で執り行いますから手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。支払い方法に関しては、分割払いを避けるようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

車を売りに出そうと思ったので、ネットの簡単査定を利用してみました。車は高級外車のアウディで、5年くらいしか乗っていなかったので、結構な高値で売れることも期待していたのですが、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。

査定をお願いした業者の担当の人に来てもらって説明してもらいましたが、「アウディは軽自動車より低い査定額しかつかない」と言われ、愕然としました。車を売る場合には、高値で売れる時期やタイミングを逃さないように気を付けることが大事です。例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃には車を高値で売ることが可能です。
ほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車が売れやすいと考えられます。このような感じに、自動車を高く売るためには、時期を見定める必要もあるのです。



普通は、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、査定書が欲しいと言っても出してくれないことが多いです。遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、JAAI(日本自動車査定協会)へ査定を依頼する必要が生じます。JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、無料で査定してくれるわけではありません。また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。
しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売る前に車検を実施しても通した車検費用より多くの金額が見積金額に上乗せされて得をすることはないので、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。


買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも非常に大きく関係するのが走行距離です。大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがってドンドン低く見積もられることになります。

距離数が5万キロメートル以上走っている車に関しては一般的に多走行車と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。


10万キロメートル以上の車に関しては走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、査定金額がつかない場合も多いです。自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、売るのを止めても構わないのです。複数の買取業者に査定をお願いして比べてできるだけ高価に売却できる業者を選択して契約する方が賢い選択です。


しかしながら、売買契約書を取り交わした後での売却キャンセルは受け付けて貰えないか、たとえキャンセルできたとしても損害賠償金が発生する可能性があるのです。損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、全文をしっかり熟読した上で契約するようにしてくださいね。



「低年式車でも買い取ってもらえた」と言う人がいます。
彼の車は海外で人気のスポーツカーなのでナルホドなあと思いました。かつての憧れの名車でも、中古車市場でいう「新同」のクォリティがあれば買い取ってくれる場合があります。



ただ、査定サイトで0円表示されるような車は中古車市場での売りの見込みが立たないということで、担当者も値付けをしぶるでしょう。


そういう車は個人売買が向いていると思います。
売主側のほうでも魅力をアピールでき、その車の価値がわかる人が納得できる価格で購入するかもしれませんのでオークションサイトや仲介サイトなどを一度覗いてみると良いでしょう。今まで使っていた車を買取業者に引渡してしまったら、新車が納車されるまで、間が開いてしまう場合もあるでしょう。買取業者のうち、代車の利用ができるところも増えています。査定と同時にあらかじめ話をすると車を引き渡した後も代車をすぐに借りれるでしょう。あるいは、新しい車の契約先のディーラーが代車を貸し出すことも多いので、相談してみましょう。

About the author