自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきた

自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきた

自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。


自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。例えいくら親密な関係の友達であったとしても、名義変更や支払いの期日、いくらで売るのかなど、大切な事柄に関してはきちんと書面にしたためるべきです。


きちんと念書を作るのを嫌がる人では、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、簡単に売買するのは避けた方が賢い選択ですね。



近頃では、車の買い換えを行う際、専門の買い取り業者に車の査定を頼む人が大勢います。



ところで一つ気にしておきたいことがあり、売りたい車の事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。



車を売却する際には、店と契約書を交わしますが、そこにある買取査定規約によりますと、車の事故歴について、それを把握している場合は申告の義務があるとされています。
なので、事故歴や修復歴があるのを知っていながら、それを相手に伝えていなかった場合には、契約後、あるいは買い取り後であっても事後減額要求が可能になっております。

事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。中古車専門の業者のところに持って行くと、買取をお願いすることができます。
申し入れる場合は、お店によって査定金額が同一ではないことに用心することが必要です。


いくつもの業者を比べてみることで、高額評価を受けることができます。



買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、大抵の会社では、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。

査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、見積金額を教えてくれます。


このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。


一気に複数の業者に依頼すれば時間短縮にもなりますし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で自然に価格競争が起きてきますので最終的な査定金額が高くなることが期待できます。


車の査定額は天気によって変わります。
青空の広がる日、洗車済の車を持って行ったなら、外観も美しくみえますし、車を愛していることがわかるため、高値がつくでしょう。

一方、雨が降る日は、細かい傷のチェックが難しいため、いつもより査定員も慎重になり、査定基準の中でも最低の価格を提案されることもあるでしょう。そのため、車査定は天気のいい日に行うことをお勧めします。



愛車の買取でなるべく高い額をつけてほしいなら、ひと手間かけて複数の見積りを取り付けると良いでしょう。営業が一社だけだと、金額を提示したあと「上司に相談します」、上乗せして「がんばりましたこの価格」とやってのけるのですが、もちろん鵜呑みにしてはいけません。
競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。
普通はそこまでしないですよ。

落ち着いて考えればわかることです。
最低でも2社は比較するようにして、その中で折り合いがつけられる会社を選ぶことで、気持ちもすっきりするはずです。車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、新車納車と古い車の引き取りは同時に行われるのが普通です。

けれども、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。



どうしても車が必要であれば、訪問査定等を申し込む際にまず代車が必要である旨を伝えておきます。業者によっては代車がないこともありますから、念には念を入れて確認しましょう。
個人売買だと問題が起こりやすいですが、車の買取査定だとトラブルの心配は要りません。

個人売買の際には、車の納品に関わらず、代金の回収が困難であったり、代金を支払ったけれども車が納品されないといったリスクがあります。

売却後の購入者から苦情がくることも珍しくありません。インターネットを使うことで、車の査定の大体の相場が分かります。


中古車買取業者の中でも大手のサイトなどで、カービュー車査定価格の相場を調べることができます。

相場を調べておくと、相場より安く売って損してしまうこともないので、事前の確認を怠らないようにしましょう。ですが、車の状態次第で変わるため、相場の価格通りに確実に売れるとは限りません。

車査定を行う場合、お店に行ったり、自宅に足を運んでもらうのが一般的です。また、メールでの車査定を行っている場合もあります。

ただその場合、買取業者と直接のやり取りが必要なため、ものすごく面倒です。中には、しつこく何度も営業をかけてくる場合もあるので、嫌な思いをしてしまうこともあるでしょう。

About the author