車検切れであっても車の下取りはできます。

マイカーを廃車にすると還付されるのが自動車税です実は車を

マイカーを廃車にすると還付されるのが自動車税です実は車を買取に出した場合でも還付されることをご存知ですか。車を手放す時に、残存分の自動車税は返金してもらうことが可能です。逆に言えば中古車を購入するときには、次の年度までの期間によって購入者が払う必要が出てきます。



車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。



ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。
手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車種、中古車としての状態などによっても買取業者のほうが利益が出る場合があります。僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。すると「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。業者の方が高いなんて。2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。現金を持ってディーラーに行き、さっそく新車の頭金にあてました。
査定依頼してから支払いまでわずか5日です。このスピード感がいいですね。新車に購入し直す時、ずっと乗ってきた自動車は専属の販売店で古いほうを買い取ってもらう方がたくさんだと思います。でも、専属の販売店での査定では製造年と走った距離で決められてしまう事が大部分ですから、中古の車の市場で人気の自動車でも、そんなに高額な料金になる査定は望みは少ないでしょう。



この間、インターネットの一括査定サイトで探して、車買取業者の査定を受けてみました。

無料で受けられたので、査定に手数料はかかりませんでした。下取りで買い取ってもらったときには査定料を取られた上、後日、調べたら、買取価格の方が高かったので、これからは、古い車の売却は買取に限ると思いました。ネットで売却するというのも考えましたが、車の個人売買は素人には難しいそうですし、自分一人で対応するのは困難なので、業者に買取を依頼した方が気が楽です。車を売却するなら、できる限り高価格で買い取りを望むのが自然ですよね。



そのためには、いくらになるか複数業者の査定を相場表を作って比較しましょう。
自動車の買い取り価格は、金額を出す業者で変わってきます。相場表をつくる場合は、カービュー車査定の無料一括査定が可能なサイトが便利です。愛車のekワゴンも今や7年物。



ついに買い替えを決め、新たに車を買うディーラーでの下取りも考えましたが、とても納得できる金額での下取りは望めないようでした。

いくぶん手間はかかりましたが、中古車一括査定業者の方がずっと良い金額で買い取ってくれました。


一括での査定を利用したので、相場も大体分かって有意義でしたし、思った以上にスムーズに買取きの手続も進められました。

買取を選んでいくら得になったか考えると、思い切って買取を選んで本当に満足しています。

車を買取、下取りに出す場合に、ガソリンの残量はどれくらいあればよいのか気にしている方もいます。でも、結論からいえば、ほとんど気にする必要はないのです。

車の買取、下取りで重視するのは、年式や車種、走行距離のほかボディカラー、車の状態です。ということなので基本的にガソリンの残っている量を気にする必要は皆無といえます。車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかですが実は、洗車する派としない派に意見が割れております。常識的に考えると、洗車を済ませてきれいにする方が良さそうなものですが、きれいに洗車してしまうと、結果として隠れていた細かいキズも目に見えるようになってしまうのです。
確かに汚れで傷は隠れるでしょうが、そうはいっても査定人だってこの道のプロ、こういったケースにも慣れています。洗車するしないには全く関わりなく車についたキズのチェック漏れなどはあり得ないでしょう。


そうであるならば、汚れた車を査定人に見せて印象を悪くするよりも、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。中古車査定というのは思ったより簡単なものです。査定金額に満足したら、売主がすることはほとんどありません。
一括査定サイトなどに登録されている買取業者なら、売主側で必要な書類を揃えておけば、面倒な名義変更などの手続きも業者側で行ってくれます。必要なのは、実印、印鑑証明、車検証、自賠責保険証、自動車税の納税証明書です。姓や住所地が違うと戸籍謄本や住民票が必要になります。

時々「納税証明書?見たことない」という人がいますが、車検時に出している自動車税の領収証(の半券が納税証明書のはず)です。
最終的に代金が支払われますが、現金払いでない場合もあるので、振込先となる口座の番号も用意しておいてください。

車種またはタイミングで変わると思いますが外車では、買取業者に買い取ってもらおうとするとつけられた査定額に疑問が残るというケースが多発します。

外車を売りに出す場合、「うちは外車を専門に買い取っています」とうたっている業者か買取業者の中でも、外車の買取に力を入れているところへ査定依頼に出すことが重要です。

また、必ず行うべき重要なことは、いくつかの買取業者に査定してもらうということです。



About the author